2018年2月21日水曜日

19世紀ギター ニス塗り

フィニッシュ・オイルで
目止めをしたラプレヴォット・タイに
ボタン・セラックを塗っていく


刷毛塗りで20回ほど塗った状態
これで仕上がりとする
刷毛での塗り立て仕上げは
うまくいくと自然な風合いに
なるので、目指している
クワガタムシの艶にちかくなる

open pores仕上げ
導管は完全に目止めをせず
表面はツルツル・ピカピカには
していない

  
響板は刷毛で5回ほど塗り
艶消し仕上げにした

ラコート・タイプは
また



0 件のコメント: