2017年10月17日火曜日

篠山刀剣会 無事終了

10月14日に行われた篠山刀剣会
無事終了しました



今日の鑑賞刀には刃物鍛冶で有名な
千代鶴是秀の師匠である叔父の師にあたる
石堂運寿斎是一の短刀がありました
棟には嘉永七年ハ月日(西暦1854年)と年紀が切られています
刃文Hamonの匂いNioiは深く(刃文が太い)よく揃い
刀工の腕の良さが表れています
この時代以前の新刀期の大阪や肥前の刃文に比べると
やや明瞭さに曇りを感じますが
匂いの深い丁子刃文に沸Nieを付けることができるのは
江戸石堂派ではこの運寿是一だけだそうで
幕府の抱え工になったのも頷けます




0 件のコメント: