2016年7月28日木曜日

江戸時代の図絵 砥石 漆関連

こちらのHPの天然砥石について
紹介している和漢三才図絵の砥石に関する図の
大きな画像が必要と思われましたので
ここで紹介しておきます
別タブあるいは別ウンドウで開くと
大きな画像を見ることができます


以下は、漆に関する江戸時代の図絵
これは江戸時代の初め頃(1600年代)
海北友雪によって描かれた蒔絵師の絵
「職人絵尽」から部分転載

同じく漆細工師


こちらも江戸時代初期に描かれた
喜多院職人尽絵から蒔絵師(部分転載)


これは江戸時代の始め頃、元禄三年(1690年)に
発刊された「人倫訓蒙図彙Jinrin kunmou zu i」から
「漆掻」の図
説明は「漆はよしの(吉野)を名物とす。
其外、諸国にあり。是も山賊Yamakatsuの
業Wazaとして木を植えてこれを取るなり」

同じく漆屋の図と説明
説明は「諸Moromoroのこし漆(濾し漆)あり
並Narabini砥粉Tonokoをも商う
所々にあり」


これは江戸時代の中頃
宝暦四年(1754年)に発行された
「日本名物図絵 」から漆製法の図

「漆の木に鎌にて切目をつくれば 
其切目より汁ふき出るを竹べらにてこそげ取也
こそげ入れるうつわ物に茶の濃きせんし汁を入
くるみの油を加えて其上へ漆をこそげいるれば
漆やけずしてよしといへり
元漆を取には蒸て ほそき木は汁なし
又格別の老木もわるし
和州吉野 紀州熊野 うるしの名所也
其外締玉より出うるしの木の実は取て蝋にする也」


こちらは江戸時代の始め頃、貞享二年(1681年)に
発行された「歌合・職人絵尽くし」から塗師の図
「よ(良)げに候Soruou きがき(生掻)の うるし(漆)げに候
今すこし火ど(取)るべきか」

歌合Utaawaseは
「左・いつまでか はまくりばなる こがたなの 
あふへきことの かなわさるらむ」 

いつまでか 蛤刃なる 小刀の
会うべきことの 叶わざるらん

「右・しほれとも あふらかちなる
ふるうるし ひることもなき そてをみせはや」

絞れども 油がちなる
古漆 振ることもなき 袖を見せばや

判定・「左右ともにこころ(心)ことば(言葉)き(利)きて
をもしろくき(聞)こゆ 
よき持(もち)にこそ侍る(はべる)めれ(引き分け)」 


同じく箔打師(金箔を作る)の図
「なんりやう(何両?)にて うちいで(打出)わろ(悪)き」

歌合は、「左・はいらうの たらさりけるか
我に人 とろほされしと おもいあはねば」
配料の 足らざりけるか
我に人 とろほ(泥棒?)されしと おもい会わねば

「右・こひすとて あをみはてたる ひたちかね
いつ色よしと 人に見えまし」
恋すとて 青味果てたる ひたち金
いつ色よしと 人に見えまし

判定・「左右ともに歌さまいやしく 又
逸興侍らす(はべらず) 可為持(持となすべく・引き分け)」
 

これは、かいすり(貝磨り師)の図
「このたち(太刀)のさや(鞘)は 
ばくたい(莫大)のかい(貝)が入べき」

歌合は、「左・したへとも われをは 人の日にそへて
うとくなし地の たえまがちのみ」
慕えども 我をば 人の日に添えて
疎く梨地の 絶えま勝ちのみ

「右・色にいて々 人にこ々ろを くたきかひ
あをさめはつる 恋もするかな」
色に出でて 人に心を 砕き貝
青褪め果つる 恋もするかな

判定・「左はこと(事)もなくよろし
右はまことに恋する人のおもかけ(面影)
うかひ(浮び)たり なをかつ(勝)べくや(右の勝)」


まきえし(蒔絵師)の図
「此たらい(盥)は いかけ(沃懸)地にせよと仰らる々
手間はよもいらじ」

歌合は「左・いかけ地の ところどころのきりかねの
ひかりことなる あきのよの月」
沃懸地の 所々の切り金の
光殊なる 秋の夜の月

「右・あきはけに さすかなりける かひかたな
さやかに月の ひかりさしつ々」
秋はげに 流石なりける 貝刀
鞘かに月の 光射しつつ

判定・左右ともに月の光りとよ(読)める
なを(尚)右は句こと(毎)に一首の
こ々ろ(心)いひ(言い)あらは(表)して
さすが(流石)す(捨)てがたし
(よって右の)為勝(勝ちとなす)

2016年7月24日日曜日

和楽器ユニット おとぎ そしてアクセサリー作家 梅田竹生氏

今日は、調整した琵琶の具合の確認のため
ちょっと京都まで

「和楽器ユニットおとぎ」のYouTube動画 

響都ホールのホワイエの壁面
思わずパチリ

その後、知人のアクセサリー作家
梅田竹生さんの作品展を覗くため
高島屋京都展へ向うが・・
京都は祇園祭の真っ最中
今日は還幸祭ということで

高島屋に向う途中、四条通りは神輿見学の人、人、人
で溢れかえっていました

やっとの思いで高島屋へ到着

アクセサリー作家の梅田竹生さんの
オンライン・ショップを紹介しておきます



帰りの道中
東寺の五重塔

2016年7月21日木曜日

我輩は猫である・・

我輩は猫である
名前は「おぼろ」
いちおうメスである
この家に来て11年になる
長いような、短いような・・

オイラはこの遊びが好きである・・
体をはった知恵の輪じゃ

おっと、頭が抜けん・・汗・・

他の猫同様
箱は好きである・・
邪魔はゆるさん!(動画あるよ

冬のスト-ブも・・

覗くのも好きである

家主にこんなことされても

こんなことされても

オイラは怒らん・・
家主の相手もやってやるよ・・(証拠の動画ね)

雷は恐いが 

寝るときは

寝る・・


いちおう、ときにはネコも被る・・

家主の機嫌も、とるときはとるし・・

作業の邪魔もする・・

 

動画でも見てちょ



それでもニャ~ンとやれば
このように機嫌を取ってくれる(動画あるよ


ちょっと反省・・



犬も一応かまってやろう・・



丹波篠山名物の
黒豆の枝豆は大好物
YouTube動画で見てちょ・・

狛犬のコマッた君とも
仲はいいが・・

ライバル現る・・
コイツは誰じゃ・・