2016年2月27日土曜日

國弘鉋を奥殿産戸前と若狭田村砥を使って研ぐ


錆の除去のため
研ぎを依頼されている
日原大工の棟梁が使っていた國弘鉋で
研ぐ前にいろいろ削ってきたのですが
最後に千代鶴是秀作藤四郎銘組鑿の
簡易展示用の枕を作ってみることにしました

使った材は紅カリン

これまで様々な材を削ってきましたが
まだまだ刃先は健全です
日原大工の棟梁が
ここまで身が短くなるまで使ったことが
納得できる優れた鉋と言えます





國弘鉋を研ぐ際
新たに手に入れた仕上げ砥石を
使ってみました
右のものがそうで、これはさゞれ銘砥330mateで
最近採掘されている奥殿東の戸前です


やや柔らかめで、反応良く
強い研磨力があります

地・刃ともに微塵に曇ります
鉋でしたらこのままでも充分に使えます


こちらは上の画像左側のもので
若狭(福井県)中井産の合砥です
こちらは奥殿東産の戸前よりも
やや柔らかく泥気がありますが

研ぎ上がりはこちらの方が緻密で

地・刃ともに微塵に曇るのですが
地鉄の研ぎ傷は肉眼では確認できないほど
細かく研ぎ上がり
古代の日本刀のような雰囲気です


この2丁も右は奥殿東産の硬口の戸前
左は同様の硬さの若狭・中井産の合砥


こちらは奥殿東産の戸前
硬口ですが、滑らかな研ぎ感で
奥殿産とは思えない手応えです

研ぎ上がりも文句なし
奥殿産によく見られる
地鉄に付くヒケ傷がほとんどありません


こちらは若狭・中井産
同様の反応ですが
上の奥殿産に比べると
ややザラつきを感じます

研ぎ上がりは
鋼Haganeは冴えた鏡面に上がっていますが
地鉄Jiganeにはヒケ傷が全面に付いています

2016年2月23日火曜日

工房の様子 特注小型モダン・タイプのネック材

これはヘッドになる部分
Mapleメープル材





これはヒール部分
これもメープル材で
チェロ用のネック材から転用したもの



ネック部分は軽いセドロ材
これにメープルのVeneer突板を巻きます


2016年2月19日金曜日

特注小型モダン・タイプの響板と裏板

特注モダン・タイプ(弦長640mm)の響板
30年以上寝かせたドイツ・スプルース

サウンドホールの縁飾りを入れる準備

接着後の削り




こちらは裏板にするメープルMaple材

荒削りに使った古い会津鉋

使用後の刃先の状態
かなりの量を削り、刃先がやや白く磨耗していますが
まだ切れは止んでいません

仕上げに使った初代・金井芳蔵 寸八

メープルの深い杢も
完全に逆目が止まっています




2016年2月17日水曜日

デュオ・パコダによる19世紀ギター二重奏



2月6日、大阪のフェニックスホールで行われた
ギターコンサート「ギターの非日常」から
稲川雅之氏と金谷幸三氏の二重奏が
YouTubeにUPされましたので紹介しておきます


Bachバッハの Goldbergゴルドベルク



使われたギターは拙作の二台のLaprevotteタイプ

2016年2月14日日曜日

因幡砥で細いノミを研ぐ そして寒椿

1月3日に山歩きに行った際(参照
持って帰っていたツバキの固い蕾Tsubomiが
いつの間にか開いていた
1ヶ月以上も経っているのに驚き・・


さて、こちらは先日紹介した
鳥取県産因幡Inaba砥
緻密で硬めの石質なので
細い刃物を研ぐのに向いていると思い
刃幅1.5mmのノミを研いでみました

よく反応し、心地よく研ぐことができます

研ぎ上がりも問題なし


古いマンドリンの修復で使ってみました