2014年7月30日水曜日

徒然草 よき細工は少し鈍き刀を使うといふ・・

有名な徒然草の第二百二十九段(原文
「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ
妙観が刀はいたく立たず」
ということについて白洲正子氏は随筆
「いまなぜ青山二郎なのか」(1991年単行本発刊)で
「「鈍き刀」の意味を今まで私はその言葉どおりに受けとって
あまり切れすぎる刀では美しいものは造れないという風に解していた」
と書き、続いて
「ところがそれでは考えが浅いことを
この投書によって知らされたのである
その手紙の主がいうには、鈍刀といっても
はじめから切れ味の悪い刀では話にならない
総じて刀というものはよく切れるに越したことはないのである
その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される
兼好法師はそのことを「鈍き刀」と称したので
「妙観が刀はいたく立たず」といったのは
切れなくなるまでつかいこなした名刀の
何ともいえず柔らかな吸いつくような手応えをいうのだと知った」
と読者からの手紙の内容を紹介している

これを読んだとき、私はそれはちょっと違うゾと思ったので
そのことを出版社を通して著者に一筆したためた

もちろん返事などは来なかったが
その後20年以上経っている現在でも
その時に書き送った内容は間違っていなかったと思っている

加えて、ここ数年の
仕事で使っている刃物の入れ替えによる
鉋や小刀など刃物についての様々な経験から
さらに深い確信を得ている

そのことを一口で言えば
「焼入れと焼戻しの具合」ということになるでしょう
ですから「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ」というのは
細工(繊細な細かい木工作業)をするときの小刀は
鋼が柔らかめ、つまり焼戻し温度が高いものを使った
と言えるのではないでしょうか
そうした刃物の方が切れが軽く
コントロール性も優れているのです
妙観はそのことを知っていたともいえます

「少し鈍き」というのは焼戻しが多めになされている
つまり焼戻し温度が高かった、結果鋼は比較的柔らかく(鈍く)なっている
その方が小刀などは切れが軽く、削り肌も滑らかなのです
そのことを「刃が甘い」とも表現しますが
この当然のことが、刃物を実際に使ったり
より良い刃物を追求したことがない人には
なかなか理解できないでしょう
それ故、白洲正子氏は「鈍き刀」を
「あまり切れない刀」と理解してしまっています

小刀の切れ具合については、これまでの経験では
低い焼戻し温度(焼戻しが不十分=鋼が硬い)では切れが重く
焼戻し温度を上げると(鋼が比較的柔らかになる:甘めの刃)
切れが軽く、削りのコントロール性も良くなりました
このことは徒然草の一節
「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ」
ということを証明していることになります

ですから、白洲正子氏に助言をした意見
「その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される
兼好法師はそのことを「鈍き刀」と称した」
というのは、これは考え過ぎで
何故真価が発揮されるのか
また、どのように真価が発揮されるのか
説明もなされていません
文学的な魅力のある推察ではありますが
「妙観」が優れた木工家、あるいは彫刻家であったならば
刃物の焼入れ・焼戻しについての知識も
当然あっただろうと思われるのです
「妙観が刀はいたく立たず」
という書き振りもそのことを強調しているのではないでしょうか

付け加えておきますと
私など素人が焼戻しを行う際には
温度管理をして慎重にやりますが(参照
専門の鍛冶屋さんは、焼入れを行った後
すぐに火床の火にかざし、経験と勘で温度を見計らい
焼戻しを行うというのが一般的のようです(参照
この動画では、水をかけて焼戻し温度を見計らっています
この作業を見ると分かるように
火にかざして焼戻しをする際、刃物全体を
均一に同じ温度にするのは不可能なので
焼戻し温度を一定に確保した油で焼戻しをすることも
行われています(参照:22分30秒あたり)

さて、徒然草が書かれたのは鎌倉時代末ということになっていますが
この時代、どのように焼戻しが行われていたのかは
想像に難くありません
おそらく先に紹介した動画のように
鍛冶職人が経験と勘で行っていたものと思われます
ということは、刃物全体を均一に同じ温度にするのは
なかなか難しいことで
とくに繊細な作業に使う小刀や彫刻刀などは
相手が小さいだけに、ちょっとした加減で
刃先部分だけが高温になったりしやすい

これは私も経験がありますが
小刀を火で焙って全体を同じ温度にするのは
ほとんど不可能のように感じます
どうしても鋼が薄くなっている刃先部分が
先に高温になりがちで
ということは焼戻しの場合、高温になっている刃先の方が
硬度は低くなりがちなのです
つまり刃先の方が元の部分よりも鋼は柔らかいとうことになります
それをそうならないようにやるのが
腕の良い鍛冶屋さんということになるのでしょうが
小刀など小さなものではほとんど不可能だと思われるのです

ですから白洲正子氏が書いている
「その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される」  というのが
小刀の元の方が焼きが多く戻っていて柔らかくなっている
ということを言いたいのだったら
それは間違っているのではないか
と私は白洲氏に書き送ったのです


2014年7月27日日曜日

暑いときはココが一番・・


梅雨が明けてからの突然の猛暑
そんなとき、我が家のイヌはここを目指し
まっしぐら・・(YouTube動画


いちおう朝の散歩です・・
泳いでいる動画はこちら


篠山川は高原盆地を流れているので
上流でも流れは穏やか・・
この後、数十キロを経て加古川に流れ込む




さてネコはというと
猛暑でも最近こんな遊びが気に入っている
透明な袋を被せて頭に何か乗せると
ご満悦の様子でジ~~っとしている





被りモノの趣味、ちょっとアブナイ傾向か・・




こちらは24日にYouTubeにUPした動画の画像
兵庫県三木市にある善祥寺の蓮の花
 善祥寺は400種類のハスが植えられていることで有名


ハスの花の中で遊ぶバッタ(動画参照下さい
他の画像は後ほど紹介の予定




 善祥寺に行った帰りは東条湖経由で・・
途中、休憩して何気なく遠景を撮影したら


山の山頂近くにこんなものが・・
大きな岩だが、モアイ像か・・?
いや、これはカネゴンちゃいますか・・?


2014年7月21日月曜日

「肉を食べることができる」という恩恵を思う

「牛を屠るほふる」、今読んでいる本
こういった仕事をしている人たちに支えられて
私たちは美味しい肉を食べることができている
このことは決して忘れてはならないこと
人間のために身を捧げさせられている動物(植物)
に対して感謝の気持ちと行為(食べ物を粗末にしないなど)は
いつも心しておかなければ、と自戒した


解体された牛はすべて無駄にしない
それが牛に対するせめてもの供養では・・
皮は革となされ、人間の役に立てられている
そこには、人間の複雑で深い技と経験が織り込まれている・・


以下は先日紹介した「怪物伝」から
牛刀を鍛える名人の話












2014年7月19日土曜日

オブジェもいろいろありまんねん・・

久しぶりに端材のオブジェを作りました
素材は紅カリンとカーリーメープル、そしてエボニー(本黒檀)


石のピラミッド置きとして作ったもの


日替わりでこういった石も置くかも・・


以下はいつものヤツ・・









これもオブジェと言えばオブジェ・・
私はアンパンマンの顔が怖い
それを知っている家人が
これから食べようと
柔らかくなるのを待っている間に
こんなことをしでかしてくれた・・
コワイ・・







これはちゃんとした仕事
製作中の19世紀ギター
特注Laprevotteラプレヴォット・タイプ
裏板を接着しているところ





2014年7月17日木曜日

森砥石さん新着情報 試し研ぎのため3丁持って来られました

森龍次商店の森さんが
試し研ぎのため、新入荷砥石を3丁持って来られました
まずはこれ、立派なサイズの青砥です
森さんによると、地元の京丹波亀岡・神前地域
岡花の北山で採れたものだということです


一見、栃木県産の荒内砥のように見えますが
縞の間隔が荒内砥よりは狭く
見分けは付きますが、下手に天然中砥の知識があると
見誤るかもしれません・・
以前紹介したように、茨城県産の大泉砥と
亀岡産の佐伯砥がよく似ている例もありますので(参照
慎重に判断する必要を感じます


反対面の柾目の様子


柾目方向に細かい筋が確認できますが
これは手挽きの跡だということです
かなり古いもののようです


両側の板目面の様子


ほど良い硬さ(やや硬め)で研ぎ面がダレることなく
しかも反応も良いので心地よく研ぐことができます


粒度は#1200といったところでしょうか
はがねに付く傷が浅く、しかも柔らかい地鉄じがね
付く傷に針気がほとんどないのは特筆ものです
私の研ぎの師匠が30年ほど前に
もう丹波の青砥の良いものが無くなった・・
(現在見られるものは針気が多いものがほとんど)
と言っていたほどですから
その当時の優れた青砥の数少ない残りとも言えます
研いだ鉋身は昨日紹介した中野武夫氏が鍛えた
義廣銘の小鉋(身幅4.8cm)


最後に紹介してる画像で
このように刃先が白く磨耗している状態から研ぎました
この青砥で2分ほどで刃の返りが出ました
ですから、強い研磨力があると言えます





次も亀岡産で大内おおち産の仕上砥、巣無しの巣板です


大内産の仕上砥はこれまでいくつか紹介しましたが
小振りながら、その中でも最も優れています


裏面の様子


両側の様子


やや硬めですが、よく反応し
大内産としては珍しく滑らかな研ぎ感です
理想的な黒い研ぎ汁です


研ぎ上がりも素晴しく
亀岡産によく見られる
地鉄に付く粗い傷がこれには確認できません
優れた内曇砥のように研ぎ上がります
鋼もピカリと光るほどに研ぎ上がり
文句なしの仕上砥です
刃物の商品用の研ぎにも向いているのではないでしょうか




さて、最後は京都梅ヶ畑・中山産の巣板です
中山では巣板は採れなかった
という意見もあるようですが
今回は森さんの意見を尊重して中山産巣板としておきます


筋や巣嚢があり、あまり良い状態ではありませんが
冴えのあるカチリとした質感は他にあまり類を見ません


裏の様子


両側の様子


硬口の巣板で、カチリとしていますが
反応よく滑走感も優れています
硬口ながらシャリシャリとした研ぎ感は
中山産と言われれば納得してしまいます・・


巣板独特のやや粗い傷が付きますが
この地・刃の冴えは東物は間違いないでしょう
東物でも、奥殿産の硬口の巣板とは
やや違う研ぎ上がりのように感じます



以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい