2013年2月25日月曜日

今日の工房の様子


今日の作業の様子

製作中の2台のラコートLacoteタイプの
ネックとボディを膠接着しました









接着の様子は以前YouTubeにUPした動画と同様ですので
そちらを参照下さい













昭和40年に発行された「日本の職人」を入手

昭和40年(1965年)に発行された「日本の職人」を入手
これは主に江戸時代の職人について
当時の絵を紹介しながら述べられているものですが
砥石についても少し言及されています

この絵はこちらのHPでも紹介していますが(参照
右の絵について、著者の遠藤元男氏は
「おそらく山城国と丹波国の境にある原山の砥石山であると思われる」
と指摘していられるが、その根拠を知りたいところであります・・

この絵が掲載されている「日本山海名産図会」では
この絵の説明は「砥石山」としかなされておらず
私も知りたいところではあるのですが・・






2013年2月24日日曜日

四方反り鉋あれこれ 

新たに古い四方反り鉋を手に入れました



台は何とかこのまま使えそうです


刃口にはこれから金属板を埋めます


刃は炭素鋼で銘は義正
鋼の炭素分は少なめです


研ぎ上げてみると焼き入れの必要はなく
このまま使えそうです


これで一枚刃の四方反り鉋は
大小合わせて12丁になりました

刃口の金属板の貼り方はこちらで紹介しています


これらはコレクションしているわけではなく
みな現役選手です



この2丁は二枚刃の四方反り鉋
どちらも緩い反りで、ブリッジの接着面の仕上げなど
重要な役割を担ってくれています


右はHSSハイス鋼で身幅43mm
左は炭素鋼で身幅は38mm
どちらも台の長さは約14cm 



2013年2月22日金曜日

森龍次商店 新着砥石情報

森砥石さんが試し研ぎのため
新入荷砥石を持って来られました
今回は仕上砥4丁

まず、これは大判の巣板
この大きさの天然仕上砥は
今ではなかなかお目にかかれません
産地不明ということですが
研いだ感じと研ぎ上がりの様子では
京都梅ヶ畑・奥殿産か、というい印象を受けます
それか京都大平産・・・



中央部に焼けのような模様がありますが
全体に研ぎ感の違いは感じられず、筋も当たりません



裏の様子


両側の様子、巣無しの巣板です



やや硬めですが反応よく、心地よく研ぐことができます



この鋼の研ぎ上がりは奥殿産巣板によく見られるのですが
果たしてどうなのでしょうか・・・




次は、これは奥殿産巣板ということです
かなり硬めの石質で、最後の鏡面仕上げ用です






ここまで硬いと、研ぎ感での産地の違いの印象は
ほとんど受けることができません



鋼は鏡面に仕上がりますが
この砥石だけで中砥の傷(いつものように岡花産青砥粒度約#1500)
を消すのはちょっと無理があります
これで3分ほど研いだ状態です





次はやや小振りの本山の印が押されている仕上砥
梨地の戸前で、文句なしの1枚です




ほど良い硬さで反応よく、強い研磨力があります



サリサリとした研ぎ感にもかかわらず
鋼がここまで光って仕上がるのは
中山産と言っても過言ではないでしょう




これも同じく本山の印が押されているもの
小振りですが寸八鉋も充分に研ぐことができます




やや硬めで、心地よく研ぐことができます
最初に紹介した大判の巣板によく似た研ぎ感です
産地は私には同定できませんが
鏡面仕上げとしては文句なしです



以上、サイズ価格などは森龍次商店まで
お問い合わせ下さい


2013年2月21日木曜日

今日の工房の様子 19世紀ギターLacoteタイプ ネック仕上げと猫


今日はLacoteタイプのネックを仕上げました

昨日の続きで、ヒールHeel部の下地仕上げを行い

動画参照下さい


使っている鉋は古い会津鉋 重力銘
仕上げに使った重道銘



黒檀EbonyのベニヤVeneerを膠ニカワで焼き付け接着しました

動画参照ください







その後Heel部をネックNeckと接着
この時は膠とホルマリンを使って急速接着を行いました
詳しいことは動画の説明欄に記載しております

動画参照下さい





ヒール部の加工についてはHPでも紹介していますので









2013年2月20日水曜日

今日の工房の様子 ネックとヘッドをニカワ接着


きょうは製作中の19世紀ギター
Lacoteラコート・タイプのネックとヘッドを接着、加工しました
膠・ニカワ接着の様子
動画UPしました









ヘッドを接着後、ネックを所定の長さにカットします
弦長はどちらも640mm、動画UPしました
使った導突鋸は長勝窓鋸


切り口の美しさは他に類を見ません・・