2012年12月30日日曜日

自作 仏頭


大掃除を終え、工房玄関も模様替え・・
めったに開けない抽斗を整理していたら
30年ほど前に彫った仏頭が出てきたので
このように置いてみました・・








昨夜は朧月夜でした


沼田砥を使って石社銘寸八鉋を研ぐ


YouTubeにUPした動画の画像を紹介しておきます

これは前回の動画でも使った京都相楽郡和束産の青砥




動画では石社(いしこそ)鉋寸八を研いでいますが
この画像は常三郎銘の寸八です
鋼はスウェーデン・サンドビック鋼のなかでも
1970年代の優れたものが使われているということです




次に使った中砥は群馬県産の沼田砥(今戸虎砥)
これは以前紹介したひょうたん沼田砥の層よりも
上にあった層だということで
ひょうたん沼田砥よりも柔らかい石質です
現在では掘られていません


それでも締まった石質なので目起こしをして研ぎました






仕上げ研ぎの中継ぎは
京都梅ヶ畑・鳴滝産の戸前


やや柔らかめで良く反応し
強い研磨力があります






最後の鏡面仕上げは
同じく梅ヶ畑の中世中山間府で採掘されたもの


硬めですが硬さを感じさせない砥当たりで
心地よく研ぐことができます
小振りかがな文句なしの仕上砥です





これは動画で研いだ石社銘の寸八鉋身




研いだ鉋で仕上げたメープル材
大河の流れのような模様と
カール杢が交錯した美しい木目です




こちらはさざ波のような杢が出ているブビンガ材
これを削るにはハイス鋼と燕鋼の鉋を使いました




これらの材は、これから製作していく
2台のラコート・タイプの裏板で
どちらもスプルースを貼り合わせた合板にします





2012年12月28日金曜日

京都相楽郡和束産青砥を入手


YouTubeにUPした動画の画像を紹介しておきます
今回手に入れたのは
京都相楽郡和束(わづか)産の青砥
江戸時代の中頃、正徳二年(1712年)頃に出版された
日本山海名産図会で説明されている「杣田」
和束産のものなのでしょうか・・興味が湧きます・・


一般的に、仕上砥は板目面で研ぎ、青砥は柾目面で研ぐ
とされていますが、この青砥は板目面が研ぎ面になっていました
現状で側になっている柾目面で研いでみると
やはり研磨力が強く減りも少ないので


このように半分にカットし


柾目面が研ぎ面になるように向きを変え
瞬間接着剤で接着しました

面を平らにした状態ですが
これで柾目面を研ぎ面にすることができました
動画はこの状態から研ぎ始めました


参考までに、これは丹波亀岡・岡花産の青砥
これまで様々な青砥を使ってきましたが
この岡花産の青砥は最も優れています



こちらは和束産の青砥ですが
丹波岡花産よりも研ぎ感が力強く
研磨力もはるかに強いものでした
これには驚きました
砥石の硬さはこちらの方が上の岡花産よりは
やや柔らかい感じですが
柔らかさを感じさせない砥当たりです


研ぎ傷も砥当たりの印象よりも緻密で
粒度は岡花産とほぼ同じですが
研ぎ傷の方はこちらの方が浅いかな
という印象を受けます


動画でも行いましたが
板目面でも研いでみました
柾目面より滑らかな研ぎ感ですが
研磨力は落ちる感があります


鋼の研ぎ傷は柾目面よりも緻密に研ぎ上がっています
ということは最初に柾目面で研いで
その後、板目面で研ぐということもできそうですね・・




そして、動画で仕上げ研ぎの中継ぎとして使った
京丹波・日照山産の戸前です
この産地は京都府の仕上砥産地としては最北になります
日照山は数年前に閉山され、今では採掘されていません
地図参照下さい


この仕上砥はやや硬めですが
研ぎやすく、強い研磨力があります
日照山産の仕上砥は「合石成り」の砥石山なので
梅ヶ畑のように「本口成り」のものよりも
研磨力が落ちると言われていますが
この砥石を使ったかぎりでは
そうとは言えない印象を受けます


地鉄(じがね)は微塵に曇り
(はがね)はやや光るほどまで仕上がりました
この状態でも充分仕事で使えます




動画で最終仕上げとして使った仕上砥で
滋賀県高島の相岩谷(あいおいたに)産です


硬い石質ですが、よく反応し強い研磨力があります
ピカピカの鏡面に仕上がります

2012年12月21日金曜日

森砥石さん、新入荷情報

森砥石さんが、試し研ぎのため
新たに入荷した仕上げ砥石を持って来られました

今回は石質が硬いものから紹介していきます

まずこれは京都梅ヶ畑・中山産ということですが
これ以上の硬さはないという位硬い
最終鏡面仕上げ用です




この前の研ぎは粒度約#1500の
岡花産青砥で研ぎましたが
このように砥汁はほとんど出ません
ですが、地鉄(じがね)を引くことはなく
スムーズに研ぐことができます
名倉をかければいっそう効果を発揮できると思います


このように地・刃ともにピカピカの鏡面に仕上がりますが
#1500の傷を消すのは無理があります




次にこれも中山産だということですが
上のものよりはやや硬さはほぐれています




これも地鉄を引くことはなく
心地よく研ぐことができます
刃物の滑走感もあります


これで3分ほど研いだ状態
なんとか刃先だけでも#1500の傷を
消すことができましたが、これも中継ぎの仕上砥の後に
使った方がより良い効果を得ることができます




これも中山産です




やや硬めの石質ですが
よく反応し、強い研磨力があります
やや小振りですが雑味は一切なく
心地よく研ぐことができます


中山産特有のザクザクとした研ぎ感で
鋼はほぼ鏡面に仕上がります
#1500の青砥の傷を僅かの時間で消すことができます
文句なしの仕上砥です




最後に産地不明の仕上砥ですが
見た感じは西物(京都西部産)かなという印象を受けます




やや硬めですが良く反応し
心地よく研ぐことができます
画像では砥汁があまり出ていないように見えますが
ほどよい砥汁の出方で、強い研磨力があります
研ぎ感に独特の粘りがあり
私の経験では京都北部の音羽(おと)山のものに
同様の研ぎ感のものを見たことがあります


地場・刃ともに微塵に美しく曇ります
このレベルのものでしたら
刀剣用の内曇・地砥として充分使えると思います
また、この砥石で研いだ後
最初に紹介した2点の鏡面仕上げ用で
研ぎ上げると、さらに切れ味が増します

以上4点の仕上砥を紹介しました
サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせを