2012年8月27日月曜日

長台鉋を自作


鉋身が1枚余ったので(参照
長台鉋を自作することにしました

台の長さは33,3cm
試みに硬くて粘りのあるオリーブ材を
使ってみることにしました
滑りもいいのではないかと思います



鉋身幅は56mm
身の仕込み角度は八分勾配(約36度)



実際に掘ってみると
オリーブ材には脆(もろ)さがあり
加工にやや苦労しました

二枚刃にしますが
特注で打ってもらっている押え金が
出来上がってくるまで
一枚刃で使っていきます



スパニッシュ・セダーを削ってみました
台の滑りはいいように感じます



荒削り用の長台鉋が二丁になり
作業の幅が広がりました
とくにBoxハープ製作には
長めの荒削り用長台は欠かせません

2012年8月26日日曜日

森砥石さんの新入荷仕上砥3点


森砥石さんが試し研ぎのための
天然仕上げ砥石を持って来られました

最初に京都・梅ヶ畑の菖蒲産戸前



雑味は一切ありません




やや硬めですが良く反応し
強い研磨力があります
ザクザクと力強く反応する
このような菖蒲産には
初めてお目にかかりました


青砥の傷(粒度約#1500)2分ほどで消え
鋼は鏡面近くまで仕上がります
大変優れた仕上砥です





次に、これも菖蒲産だということですが
どの面も完璧と言っていいほどの
厚みもたっぷりとある奇蹟的な1枚です



雑味は一切ありません




やや硬めですが
硬さを感じさせない砥当たりです
ザクザクと良く反応し
誰にでも使い易い仕上砥です



青砥の傷があっという間に消え
鋼は鏡面に仕上がっています
文句なしの仕上砥、これは素晴らしい!





最後は京都・梅ヶ畑、中山産の仕上砥
これもすばらしい質と形です



雑味は一切ありません







硬めの鏡面仕上げ用ですが
強い研磨力があります
刃物への喰い付きが強いので
反応させるにはやや要領が必要ですが
水加減などをうまく調整すると
画像のようによく反応させることができます



青砥の傷が2分ほどで消え
地・刃ともに鏡面に仕上がり、よく冴えます
これも文句なし、奇蹟的な仕上砥です

サイズ、価格などは
森龍次商店まで問い合わせを


2012年8月22日水曜日

会津「重力」銘の古い鉋身


古い会津鉋身を手に入れました
銘は「重力」、身幅約5.5cm
先般手に入れた重道銘の鉋身
よく似た造り込みですが
「会津の刃物鍛冶」という本では
紹介されていない銘です
どなたかご存じの方はぜひご教示願います


裏押しをしてみましたが
錆は浅く、なんとか使えそうです


低い刃角度だったので
先端一分(約3mm)を角度28度ほどにしました

鋼は炭素鋼(玉鋼でしょうか)ですが
刃先は緻密で美しい研ぎ上がりです

7月に手に入れた古い鉋の台に収めることにし
台の「背馴染み」にメープルの薄板を貼り足し

なんとか収めました


試し削りとしてカール杢のメープル材を
削ってみましたが、切れ味は軽く
これでしたら仕事で使えるでしょう

完全に逆目を止めることは
一枚刃ではやや無理があります・・

21日に紹介した板バネ製の小刀の柄を
仕上げるため使ってみました

荒削りでも仕上げ削りでも
問題なく使え、永切れします

これくらいのことでは
刃先はほとんど変化ありません

2012年8月21日火曜日

板バネ小刀の研ぎ動画をUPしました


研ぎ動画をUPしました
以下はその画像です

最初に使っているのは
中砥の沼田・虎砥(粒度約#800)






次に使っているのは
同じく虎砥の粒度が細かいもの
約#1200






仕上げ研ぎの最初は中継ぎとして
京都・奥ノ門産の白巣板を使いました
これはつい先日手に入れたものです
奥ノ門産の仕上砥は
今ではほとんど見られなくなりました






最後に鏡面仕上げとして
京都・愛宕山産と思われる仕上砥を使いました


この小刀は板バネ材の無垢ですが
研いだ感じは無垢玉鋼の小刀とよく似ています







全体の様子







メープルを削ってみました
切れは軽く、強靭さもあります
しばらく仕事で使ってみることにします


2012年8月19日日曜日

板バネで作られた小刀


車体のサスペンションに使われる
板バネで作られた小刀を預かったので
研ぎ上げてみました
グラインダーで火花を飛ばしてみると
ほとんど炭素鋼と同様の火花が出ます


残念ながら刃切れが生じていましたが
切れは軽く、このままでも充分使えます




削り肌がやや粗いので
拡大して確認してみたら
このように刃先が細かくこぼれています




そういうことなので、焼き戻しをして




研ぎ直してみました



まだ微細なこぼれがありますが
これで刃先は問題ない状態になりました
この状態は玉鋼によく似ています