2011年12月28日水曜日

平家納経

長寛二年(1164年)平家一族により
広島の厳島神社に奉納された
平家納経より抜粋



この画像は復刻品










































巻物33巻が収められた櫃

3 件のコメント:

Kiyomori Taira さんのコメント...

kiyondさん、
ドイツのテュービンゲン大学の日本学科の四年生です。
平清盛と広島県との関係についてのブログを書きますので、厳島神社宝物館に展示される平家納経ゆかりの記載も書きたいと思います。
Kiyondさんのブログに載せられた平家納経の写真はすばらしいので、私たちのブログにその写真を使ってもいいんですか。

失敗ばかりの日本語はすみませんでした。

よろしくお願いします。

ぺーた・プロティチ

kiyond さんのコメント...

ペータ・プロティチさん
コメントありがとうございます。
平家納経の写真、どうぞご自由にお使い下さい。
そちらのブログが出来上がりましたら、ぜひ案内ください。

ペータ・プロティチさんの日本語はよく分かります。
日本語は丁寧語や助詞が難しいですね・・
「私たちのブログに」の後でしたら
「使わせてもらってもいいですか」が適当のように思います。
「使ってもいいですか」は口語体ですから
文語体の場合は「使っても宜しいですか」という表現もあります。
その場合、その前の助詞は「で」になります。
例:「私たちのブログでその写真を使ってもいいですか」
あるいは
「私たちのブログでその写真を使わせてもらっても宜しいですか」
となります。
最後に、「失敗ばかりの日本語はすみませんでした。」は
「失敗ばかりの日本語ですみませんでした。」が
正しい表現です。

匿名 さんのコメント...

Kiyondさん、

写真を使わせてくださってありがとうございます。

ブログは十一月末まで完成される予定です。

出来るとぜひそのリンクを教えさせてもらいます。

失敗を直してくださってありがとうございます。もう半年ぐらい日本語をあまりおつかいしませんでした。それですこし変な文法になってしまいました。

これから頑張ります。