2011年1月28日金曜日

遼寧省と日本の帯金具、そして勾玉

前回の続きですが
中国遼寧省の出土物と日本のそれに
よく似たものがある例として
他に下に紹介したような帯金具があります

 これは奈良県から出土している
古墳時代の帯金具ですが


画像は九州国立博物館HPから引用

同時代の遼寧省から出土している
バックル部分の形状・様式がほぼ同じです
帯金具について考察されている資料が
手許にあるはずなのですが
まだ見つかりませんので
見つかり次第紹介したいと思いますが
ここまで似ているものは
他の地域には見当たらないのです


それから、これらは
遼寧省の出土品ですが
右端の石剣や管玉
それから勾玉も日本から
同様のものが出土しています(参照
(銅剣は遼寧式銅剣と云われる
独特の形状のもので
これは日本では見られません)

ですから、遼寧省を含む朝鮮半島と日本は
桓檀古記(契丹文書)に記されているように
古代から深い繋がりがあったと
云えるのではないでしょうか

このことは、敷衍すれば
北部九州と朝鮮半島の伽耶(かや)や新羅が
同族であったことの可能性と
同じことなのかもしれません
参照:四段目)


2011年1月26日水曜日

触角式銅剣 柄頭

巴紋様々」で紹介した原田大六氏は
著書「日本国家の起原」で
考古学上の興味深い指摘をしています
原田大六 著
「日本国家の起原 上巻」より部分転載

その一つに、上に紹介したような
触角式銅剣の柄の考察があります
右端のものは佐賀県柏崎遺跡から
出土しているものですが(参照
これと同様の柄を持った銅剣が
世界各地で発見されているということなのです

ということは、鹿島曻説のように
日本の古代文化・文明は
メソポタミアなど西アジアをルーツとし
それらが西周り、あるいは南周りで
日本に入ってきている
という可能性は大きいと云える
のではないでしょうか
鹿島説では、その流れがタイの
バンチェンで逆流し、再び西と南に
流れて行くのです
また、それが日本列島に入って来る際にも
北からの流れと南からの流れがあります

その流れのなかの、中国と日本に
焦点を当ててみると
以前紹介した、中国遼寧省から
出土している銅戈にある三つ巴紋を
考察する上でのヒントを得ることができます


たとえば 
これは遼寧省出土の三つ巴紋銅戈と
ほぼ同じ時代と地域から出土している
龍の頭部と思われる彫刻ですが
それと同様の様式の龍頭(りゅうず)
時代は下りますが、日本にも見られるのです


これがそうですが
これは海の正倉院とも云われる
福岡県の玄界灘にある沖ノ島の
遺跡から発見されているものです
時代は東魏時代(6世紀)とされています


これはまたずっと時代が下りますが
兵庫県の神社に奉納されているものです
これなども古代遼寧省の流れを
見て取ることができます

ということは、日本の三つ巴紋は
中国遼寧省から入って来た可能性が
大きいことになるわけですが
中国の戦国時代(紀元前403~221)よりも
古くから日本に三つ巴紋が
あったということならば
九州南部から入ってきたものが
北上し、中国遼寧省に及び
それがまた逆流してきたということも
考えられるということになります


2011年1月22日土曜日

三・五・七鈴 七五三

タイトルに三・五・七と入力して
おやと思ったのですが
逆から読めば七五三になりますね・・
七五三の宮詣りは
厄払いの意味もあるようですが
やはり三・五・七には魔除けの力があるのでしょうか

 さて、これは何に使われていたのか不明の
ものなのですが、これと同様のものが
東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)
天真名井(あまない)家文書が保管されていた
とされる天真名井家に伝えられています
東日流外三郡誌でも図入りで記載されていて
それによると、これは
「神武帝皇后累継五鈴手長鏡」とされていて
作者は「玉造天乳命」とされているのです

そして、説明文の「天之常立鈴鏡之事」では
天皇の継累には三種の神器を伝賜し即位し
皇后は天皇即位と共に
神武帝皇后より継賜する天之常立鈴鏡を
受け継いで正位皇后となるとされていて
五つの鈴は天祖五代を顕し
鏡は天照皇大神を霊顕している
と説明されています

また、後土御門天皇と皇后の源頼子の
第三皇子である天真名井宮義仁親王が
文明十一年(1479年)七月一日に
奥州挙兵に赴く折に武運長久を
祈って賜った遺品であるとも記されています 

東日流外三郡誌には偽書説も当然あるのですが
確かに和田家文書には和田喜八郎により
書かれた偽書も多くあるようですが
だからといって、天真名井家文書も
すべて偽書にしてしまうのは
ちょっと行きすぎのような気がします
それを言ってしまうと
古事記・日本書紀も当時の
権力者の都合のよいように書かれた偽書
ということになってしまうのです

東日流外三郡誌に記載されている図の
なかには、後に古墳の壁画に
同様のものが発見されたりしているのです

 鏡の裏側には鬼瓦のような顔があります
これと同様のものは古代の中国にも
見られますが、やはり魔除けとして
付けられているのでしょう


 これは日本の古墳から出土している
五鈴鏡ですが(参照


 中国にはこのようなものがあります
釧(くしろ)でしょうか・・(戦国時代:BC403年~BC221)


 これは、ここ丹波篠山の古墳から
出土している七鈴鏡です(参照




これも篠山の古墳から出土している馬鈴
これは三鈴ですね


そしてこれは韓国から出土しているものですが
これは何のために使われたのでしょうか
参照

2011年1月21日金曜日

巴紋様々

大阪府吹田市の万博公園内にある
国立民族学博物館でウサギに因んだ
企画展が行われましたが
その展示物に東南アジアのタイで
使われていた「皮むき器」がありました
それに付けられていた模様に
おや?!と思ったのですが
この紋様は以前紹介した
巴形銅器に似ていませんか・・?


 これは以前紹介した弥生時代の
巴形銅器(参照
渦の向きは逆で渦の数も
違っていますが良く似ています


原田大六著「銅鐸への挑戦 1巻」から
部分転載

巴形銅器については
原田大六氏の優れた考察がありますが
氏は著書で、中国秦代の咸陽宮の軒瓦(参照)に
巴形銅器とよく似た紋様がある
ということを昭和50年代に
発表されていたのです


原田大六著「銅鐸への挑戦 1巻」から
部分転載

それから、上の図はアメリカのミシシッピ川
下流で発見されている土器(ミシシッピ文化)に
見られる紋様として氏が紹介しているものですが
これにも同様の紋様が見られるのです


ここでもう一度、以前紹介した(参照
中国戦国時代の銅戈を見て頂きたいのですが
この銅戈が出土したとされる
遼寧省に及んだ文化と同じものが
東南アジアにあるというのは
納得できますが
北アメリカ大陸にも流れていた
ということには驚いてしまいます


2011年1月14日金曜日

不明材・・


現在、19世紀ギター ラコート・タイプ
製作していますが



 この裏板と横板の樹種が不明なのです・・
入手先の材木店でも判らない
ということですからお手上げです

現在はアフリカなどから多くの種類の木が
入って来ていてそれを扱う業者も
覚えるのが大変のようです


この材は、一見ブビンガのようにも見えますが
質感や匂いなどは明らかに違います
ブビンガとマホガニーと桜を合わせて
3で割ったような感じですかね・・
ご存じの方はぜひご教示をお願いいたします

やや荒い質感ですが、複雑な杢が出ていて
ニスの塗り方によっては
面白い効果が期待できそうなので
試作をしてみました

横板がうまく曲がるか心配でしたが
なんとかうまくいきました
問題は鉋の刃がやられやすい
ということですね・・
小刀やノミで削る分には問題ないのですが
鉋は刃先を擦るように使うので
どうしてもやられやすいのですね・・
ハイス鋼のものでも少ししか
もってくれないので苦労しました・・

出来上がった音
YouTube動画参照下さい


2011年1月13日木曜日

砥石の不思議 その3


今回、新たに手に入れた天然仕上砥石(本巣板)
産地は京都梅ケ畑地区大突産(地図参照)のもの
購入した「さざれ銘砥」によると
大突から菖蒲にかけて掘られていた
裏大突という間府だということです 
参照





使ってみてビックリ
ほどよい硬さで反応良く
かなり荒い研ぎ応えなのですが
仕上がりは緻密で
鏡面近くまで仕上がっているのです
ここまで荒い研ぎ応えの仕上砥には
初めて出会いました

同じ間府の内曇砥(天上巣板)も
何枚か持っていますが、硬さはほぼ同じですが
研ぎ心地は緻密で、仕上がりは曇ります
同じ産地の砥石とはとうてい思えません
砥石というものはほんとうに不思議です

2011年1月11日火曜日

特注仕様19世紀ギター 二種

これから製作していく2台の19世紀ギター
どちらも特注仕様です

 こちらは初期ミルクール・タイプ(参照
ペグヘッドで弦長は630mm





こちらはラコート・タイプ(参照
これも弦長は630mmでペグヘッド仕様です

どちらも響板のヨーロッパ・スプルースは
30年近く寝かせていたものです