2016年8月29日月曜日

今朝は異様な朝焼け そして三河名倉砥で彫刻刀を研ぐ

今朝5:30頃の空の様子


西側には大きな虹が・・


今は雨が降っています


これから仕事で使う彫刻刀を研ぐ際に
中砥ぎに三河名倉砥、3種類を使ってみました
まず最初に使ったのは
三河名倉の中では最も粗い「バン」層のもの

粒度は#600ほどでしょうか

次につかったのは「アツ」層と思われるもの

粒度は#800~1000といった感じです

そして「ボタン」層と思われるもの

かなり緻密に研ぎ上がります

別の角度で撮影


仕上砥ぎは京都・新田産巣板
かなりの硬口ですが
その割りにはよく反応します

地・刃ともにピカピカに研ぎ上がります


使った砥石群
上の仕上砥は裏砥ぎ専用として使っている
硬口の中山産仕上砥

2016年8月27日土曜日

林原美術館所蔵 職人尽絵帖

21日に篠山刀剣会のツアーで訪れた
岡山県・林原美術館に展示されていた
職人尽絵帖を紹介しておきます

学芸員の方に訊ねたら
この所蔵品はまだ本にはなっていない
ということでした
喜多院海北友雪のように
原色版の豪華本にでもしてくれないかな・・
と淡い望みを抱いているところ

「烏帽子Eboshi師」か・・

檜の薄板を作り、それで「三方Sanpou」や
「曲げわっぱ」を作る「檜物師Himono-shi」

刀剣の「研ぎ師」

琵琶法師

「木仏師」

「数珠師」

「竈Kamado師」か・・

「鍛冶師」

2016年8月26日金曜日

特注ギター製作の様子

今回製作しているのは
弦長640mmのモダン・タイプ
19世紀ギター、Kiyondタイプ(弦長640mm)


以下、サウンドホールの縁飾りを作っているところ









タイトボンドで接着


2016年8月25日木曜日

修復中の琵琶の柱を作る


絃を張り

堅めの桑材で柱Jiを作っていく


鉋は古い会津鉋
重力寸三と重丸寸四

柱の側を仕上げていく
荒彫りは、これも古い会津外丸鉋(重道銘)




仕上げ削り


出来上がった土台に煤竹Susudakeを貼る



柱の出来上がり

この後、古色仕上げをし、冴えを取る(サワリを付ける)